車のウィンドウケア剤「激速ガラコ」を施工してみた!使い勝手や効果をレビュー!

車のウィンドウケア剤「激速ガラコ」を施工してみた!使い勝手や効果をレビュー! カー用品
この記事は約4分で読めます。

雨天時などの雨水を撥水させ視界確保させる目的で、車のフロントガラス等に撥水剤を塗っている方も多いのではないでしょうか。そんな、ウィンドウケア剤で昔から有名なのがSOFT99の「ガラコ」ですが、そんな「ガラコ」も色々なタイプが販売されています。

量販店やネットショップなどを覗いてみると、一口にウィンドウケア剤の「ガラコ」といっても、シリコン系とフッ素系のタイプがあり、シリコン系は撥水力は強いが耐久性が短く、フッ素系はシリコン系に比べて撥水力は弱いが耐久性が高いのが特徴です。

フッ素系の「ガラコ」の中でも、フロントガラスに塗り込んでからの拭き上げの必要が無い、施工性に優れたのが「激速ガラコ」です。そんな、耐久性が高く施工性に優れた「激速ガラコ」を使用した使い勝手や効果をレビューします。

スポンサーリンク

SOFT99「激速ガラコ」を施工した使い勝手や効果のレビュー

フッ素系撥水剤で、フロントガラスに塗布した後に拭き取りをする必要が無いので、他の「ガラコ」と比べて施工時間は非常に短いです。

こういうウィンドウケア剤を施工するさいには、ガラス面の油膜取りなどの下地処理をしておくと、しっかりとガラス面に定着して、本来の性能を発揮してくれるので、ガラス面の油膜取りで有名なキイロビンなどを使って下地処理をしておく方がいいです。

 

付属品

激速ガラコの付属品

「激速ガラコ」には、液剤ボトル以外に専用パッドと専用シート(スペアシート4枚)が付属しているので、車の施工準備さえ出来ていたらすぐに施工する事が出来ます。

施工方法

「激速ガラコ」の施工方法

付属の専用パッドには、最初から専用シートが巻き付けられているので、「激速ガラコ」の液剤を4秒かけてM字を描くようにシートに塗布していきます。この「激速ガラコ」の液剤は揮発性が非常に高い印象なので、フロントガラス面に塗っていく側から直ぐに乾いていきます。

フロントガラスに「激速ガラコ」を塗ってすぐに揮発していくので、正直塗り残しが出ないか心配な位です。斜めから見ながら塗っていくと、「激速ガラコ」の塗り残しが無くなると思います。

この「激速ガラコ」はガラス面に塗布した後、12時間は雨や水が施工面に付いてしまうと効果が無くなるみたいなので、施工後12時間以上雨が降らない天気予報時に施工した方がいいです。

また、施工前の洗車で水分がガラス面に残っていると、上手く施工出来ない事があるみたいなので、洗車後はしっかりと施工するガラス面を乾燥させてから施工する必要があります。

「激速ガラコ」の施工は、塗った後の拭き取りが必要ないので、非常に簡単に施工する事が出来ます。また、サイド面のガラスに施工するさいサイドバイザーが邪魔になる事がありますが、付属している専用パッドの角が三角になっているので、その点は問題無く施工する事が出来ます。

「激速ガラコ」の施工前と施工後の撥水具合

「激速ガラコ」の施工前と施工後の撥水具合

「激速ガラコ」を施工する前の、フロントガラスの状態です。ほぼ親水状態になっているので、フロントガラスに水がまとわりついているような状態です。雨天時にワイパーを使わなければ、当然前方の視界を確保する事は出来ません。

ウィンドウケア剤を未施工の状態なので、若干油膜などが付いて視界が悪い状態です。

 

「激速ガラコ」の施工前と施工後の撥水具合

「激速ガラコ」を施工した後、雨天時の状態です。フロントガラス面に付いた雨がしっかりと撥水されて粒になり、流れて落ちていく状態になっています。ただ、撥水具合はフッ素系という事で、シリコン系の「ガラコ」と比べると弱く感じてしまいます。

車のフロントガラスの傾斜などによっても違ってきますが、商品パッケージに記載されている「45~60km/hでノーワイパー走行」は、自分の場合だと出来ませんでした。一応、油膜取りなどの下地処理後に施工してみたので、それなりに出来ていると思うのですが。

ただ、自分の場合は今回「激速ガラコ」を施工する事で、フロントガラス面の油膜やウォータースポットの固着防止が最大の目的なので、施工性が簡単な「激速ガラコ」は十分にその役目を果たしてくれそうです。

後は、本当に耐久性がどれ位持つのかという所が、最大のポイントになってきそうです。パッケージ記載では、「耐久6カ月」と謳ってありますが3~4ヶ月位ではないかと思っているところです。

まとめ

フッ素系のウィンドウケア剤の「激速ガラコ」。激速の名前通りに、施工スピードは非常に早く済ます事が出来ました。撥水性能は、シリコン系の「ガラコ」に比べてやはり劣る印象ですが、それでもしっかりと撥水はしてくれています。

後は、どれ位の耐久性があるのかが、ポイントになりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました