シュアラスターの洗車道具「ウォッシンググローブ」の使い勝手などをレビュー!

シュアラスターの洗車道具「ウォッシンググローブ」の使い勝手などをレビュー! カー用品
この記事は約5分で読めます。

車を洗車する時に、カーシャンプーを使い車のボディに付いた汚れを浮かして洗い落とすための道具として、代表的な物として「スポンジ」や「ムートン」などがあります。

特に「スポンジ」をシャンプー洗車時に使用している方は多いと思いますが、逆に「ムートン」を使用している方はプロや洗車好きという印象です。「スポンジ」に比べて「ムートン」は価格が高いので、敢えて購入しようと思うと躊躇してしまいますが、価格以上のメリットがあるのも事実です。

もちろん「ムートン」にも、洗車に使用する上でのデメリットもありますが、それを理解した上で使用する事により、メリットを最大限に生かす事が出来ます。そんな、洗車道具の「ムートン」ですが色々と販売されており、どれを選んでいいか迷うところです。

そこで、有名メーカーのシュアラスターから販売されている洗車用ムートン「ウォッシンググローブ」を使用してみて、使い勝手などをレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

洗車に「ムートン」を使うメリット・デメリット

メリット

  • 一般的に販売されている洗車用スポンジ等と比べて「ムートン」の方が大きく洗える面が広いので、スポンジを使用するのと比べて洗車時間の短縮になる。
  • 手にはめて使うようになっているので、洗車時に手から外れて地面に落としにくい。
  • 手のひら全体を使って、車のボディを洗う形になるので、力の入れ具合を加減しやすい。

 

デメリット

  • 販売価格が洗車用スポンジと比べて高い。
  • 中性タイプのカーシャンプーしか使う事が出来ない。
  • ムートン表面にカーシャンプーの泡は付着しやすいですが、奥の部分までは泡が浸透しにくいので、思った以上にその泡が持続しないので、何度も泡を付け足す必要がある。
  • ムートンの使い方次第で、毛足が絡まり特徴的なフワフワ感が無くなってしまう。
  • 洗車後のムートンの手入れをしっかりしないと面倒な事も。

 

シュアラスター 「ウォッシンググローブ」の使い勝手等をレビュー

最近は色々なメーカーから洗車用のムートンが販売されていますが、どうしても「ムートン」だと販売価格が高いので少しでも安い「ムートン」を購入したくなってしまいます。しかし、無名なメーカーなどから販売されている安い「ムートン」は、品質や耐久性の面で問題がある事もあります。

洗車用の「ムートン」選びで迷っているなら、やはり、多くの洗車好きな方から支持を得ているシュアラスターの「ウォッシンググローブ」を選択する方が間違いが無いのでは。

手を入れるグローブ部分

手を入れるグローブ部分

シュアラスターの「ウォッシンググローブ」には、手を入れる部分があり大人で手が意外と大きめ(自分の場合、手袋などLサイズを選択する事が多いです)の方でもはまりますが、問題なのは丁度真ん中部分で二股に分かれているところです。

右手に「ウォッシンググローブ」をはめて使うと仮定して、親指と人差し指部分を左側に残りの指を右側にという使い方になってしまうので、非常に違和感があります。ただし、慣れてしまえばそこまで使いにくいという訳ではありません。

ムートン素材の質感

毛足部分

シュアラスター「ウォッシンググローブ」の質感は、非常に柔らかくフワフワしています。一本一本の毛が細く水分を良く含んでくれます。

洗車時の使い方

ウォッシンググローブの洗車時の使い方

まずは、バケツなどにカーシャンプーをしっかり泡立てて、「ウォッシンググローブ」を浸しカーシャンプを吸わせて、バケツ内のカーシャンプーの泡をすくい取ります。もちろん、「ウォッシンググローブ」で使う事が出来るのは、中性タイプのカーシャンプーのみです。

 

「ウォッシンググローブ」で洗車

車の洗車面にカーシャンプーの泡を撫でるように置くようなイメージで、手の平全体で撫でるように縦や横に動かしていきます。

このさい円を描くように「ウォッシンググローブ」を使用すると、折角の柔らかい毛が絡み合うようになってしまうので、使う時は縦横に撫でるように動かすようにします。洗車スポンジと違って、接触面が広いので思った以上に、短い時間で洗車する事が出来ます。

ただし、「ウォッシンググローブ」だけに限らず「ムートン」は、洗車スポンジよりも泡持ちが悪いと思うので、洗車面に適宜バケツから水分を足さないと、シャンプーの水分のみが蒸発してシミになる事があります。

「ウォッシンググローブ」の使用感

ムートン素材が非常に柔らかく、シャンプーの泡を掴みやすく、車のボディを洗うためのスポンジと比べると、洗車時間が短くなります。ただし、バケツから泡と水分をすくい取ると同時にムートン素材から水分が流れ落ちていくので、保水力という点ではスポンジの方が上かと思います。

また、上記保水力という点で、カーシャンプーに使うバケツの水の量もスポンジを使う時以上に必要な感じです。ただし、いつも以上の水分を用意出来るならば、たっぷりの泡と水分で車のボディを優しく撫で洗い出来るので、普通に使う分には洗車キズを気にする必要は無さそうです。

洗車で使い終わった後のお手入れとして、たっぷりの水が入ったバケツに「ウォッシンググローブ」を浸し濯ぐだけでいいです。スポンジのように、後から後からシャンプーが出てくるような事は無いです。後は、水分を切ってから日陰に干しておく必要があります。

まとめ

洗車用スポンジと比べると、価格面で割高だったり、使えるカーシャンプーに限りがあったりと、デメリットが多く感じてしまいますが、洗車時間の短縮や洗車のしやすさは非常に大きなメリットでもあります。

使い方を間違わなければ、洗車キズを着けてしまう事も無いので、カーコーティングをしてある車の洗車にシュアラスターの「ウォッシンググローブ」は、非常にオススメな洗車アイテムです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました