車を運転中に大きな地震に遭遇した!そんな時に覚えておきたい対応策!

車を運転中に大きな地震に遭遇した!そんな時に覚えておきたい対応策! 豆知識
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

日本各地で、常に地震が起こっていますが、もし、車を運転中に大きな地震に遭遇したらあなたならどうしますか?
逆に、どうしたらいいか知っていますか?

震度1や2程度の地震の場合は、車を運転中でもほとんどその揺れを感じる事も無く、運転を続けている事が多いですが、震度4位になるとその揺れを感じ運転するのにも恐怖を覚える状態になるのでは。

さらにそれ以上の地震になったら、車の運転どころでは無く、避難を考えなくてはならないです。
そこで、車を運転中に大きな地震に遭遇した時、そんな時に覚えておきたい対応策です。

 

スポンサーリンク

車を運転時に地震に遭遇した場合の対応策

実際、車の運転中で地震に遭遇した場合の対応策として、3つのポイントがあります。

  • 道路の左側に、車を停車させる
  • 地震の揺れが収まるまで、車の中に待機する
  • 避難する場合は、車のキーを付けたままにする

この事を覚えておくと、もし、車の運転時に大地震に遭遇しても、慌てて迷惑な行動を取らないですみます。

 

道路の左側に車を停車させる

道路の左側に車を停車させる

車の運転中に大地震に遭遇した場合は、ひょっとしたら、他に走行している周りの車がその状況に気付いていない事もあります。
そこで、慌てて自分だけ急にスピードを落とすと、玉突き事故などの大事故につながる可能性があります。

スピードを落とすさいには、他に走行している周りの状況を確認しながら、ハザードランプを点滅させるなどして、周囲の車に注意を喚起させます。

慌てずにゆっくりブレーキを踏んで、運転している車のスピードをゆっくりと落としていき、出来るだけ安全な方法で道路の左側に車を寄せて停車させます。
もちろん、左側に車を寄せるさいのハンドル操作も、慌てないようにゆっくりとです。

 

地震の揺れが収まるまで車の中に待機する

上述した道路の左側に車を停車させた後、地震の揺れに驚いて即座に車外に飛び出すと非常に危険な場合があります。
まだ、後ろから他の車が走行している可能性があり、間違って車のドアを開けてしまうと接触して事故につながる場合があります。

地震の揺れが収まるまでは、停車させた車の中に待機しながら、スマホやラジオなどで地震のニュース情報などで情報収集します。
地震の規模次第では、その場から避難を考えるなど適切な行動を心掛けます。

 

避難する場合は、車のキーは付けたままにする

避難する場合は、車のキーは付けたままにする

道路外の場所に車を停車させて避難する事が理想ですが、止むを得ず道路上に車を置いて避難する場合は、緊急車両の走行や災害救援活動の邪魔にならない場所に停車し、車のエンジンを止めてサイドブレーキをかけ、キーは車に付けた状態で避難します。

車の窓は閉めた状態で、ドアロックせずはしないようにします。
車のキーをつけたままにしておく理由は、緊急車両や救援車両の通行の妨げになる場合に、停車させた車が移動させないといけないと場面があるからです。

最近では、スマートキーになっている車種もありますが、慌ててスマートキーを一緒に持ち出さないようにしなければなりません。

車を置いて避難する時は、ポケットやバックなどからスマートキー本体取り出し、車内の目立つ場所に置いておくといいです。

 

まとめ

実際、車を運転時に地震に遭遇した場合の対応策として、3つのポイントがあります。

  • 道路の左側に、車を停車させる
  • 地震の揺れが収まるまで、車の中に待機する
  • 避難する場合は、車のキーを付けたままにする

この事を覚えておくと、もし、車の運転時に大地震に遭遇しても、慌てて迷惑な行動を取らないですみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました