運転免許証の12桁の番号の意味!

運転免許証の12桁の番号の意味! 豆知識
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

運転免許証の番号の部分には、12桁の数字が書かれています。
この12桁の番号には意味があり、この番号によって分かる事があります。

自分が以前、免許証を紛失して再発行をしてもらったさいに、その時に教えて貰ったのですが、その変わった数字の部分で何回免許証を再発行してもらったかが分かります。

それ以外にもちょっとした事が分かるので、調べてみると知り合いや友人にちょっとしたネタとして教えると驚かれるかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク

免許証の番号に隠された意味

免許証番号の記載された場所

免許証番号の記載された場所

自分の運転免許証を手に取ってみると分かると思いますが、上記画像のように運転免許証の番号と記されている部分に12桁の番号が記されています。
上記画像だと、「300112345610」の部分です。

では、この番号で分かる事を解説していきます。

 

最初の2桁は各都道府県の公安委員会のコード

運転免許証番号の最初の2桁は、初めて免許証の交付を受けた都道府県の公安委員会のコードを示しています。

北海道 10 北海道 11 函館 12 旭川 13 釧路 14 北見
東北 20 青森 21 岩手 22 宮城 23 秋田 24 山形 25 福島
関東 30 東京 40 茨城 41 栃木 42 群馬 43 埼玉 44 千葉 45 神奈川
甲信越 46 新潟 47 山梨 48 長野 49 静岡
北陸・中部 50 富山 51 石川 52 福井 53 岐阜 54 愛知 55 三重
関西 60 滋賀 61 京都 62 大阪 63 兵庫 64 奈良 65 和歌山
中国 70 鳥取 71 島根 72 岡山 73 広島 74 山口
四国 80 徳島 81 香川 82 愛媛 83 高知
九州・沖縄 90 福岡 91 佐賀 92 長崎 93 熊本 94 大分 95 宮崎 96 鹿児島 97 沖縄

例えば、先程の仮の番号の「300112345610」の部分の「30」だと、東京を表している事になります。

 

次の3・4桁目は運転免許を取得した西暦

運転免許証の3・4桁目は、初めて運転免許証の交付を受けた西暦を表しています。
例えば、先程の仮の番号の「300112345610」の部分の「01」だと、西暦2001年に初めて運転免許を取得した事になります。

西暦の下二桁の数字が、この数字になっています。
ただ、ここで1点問題になりそうな事が。
コンピューター業界で問題になった、2000年問題。

2000年だと「00」ですが、今現在2019年なので、今年初めて運転免許証を取得したらこの部分の数字は「19」になります。
あと、20年後だと2039年で「39」になりますが、ひょっとしたら1939年を表しているかもしれません。

まあ、この問題については考えてあるでしょう。

 

次の5桁目から10桁目は公安委員会の管理番号

運転免許証番号の5桁目から10桁目は、各都道府県の公安委員会で管理するための番号を表しています。
この番号は、各都道府県毎の重複しない管理番号です。

例えば、先程の仮の番号の「300112345610」の部分の「123456」が、各都道府県の公安委員会で管理するための番号です。

 

次の11桁目はチェックディジット

運転免許証番号の11桁目は、記載してある番号(数列)が正しいかをチェックするための番号を表しています。
例えば、先程の仮の番号の「300112345610」の「1」の部分が、チェックディジットになります。

 

最後の1桁は運転免許証を再発行した回数

運転免許証番号の最後の1桁は、運転免許証を再発行した回数を表しています。
例えば、先程の仮の番号の「300112345610」の部分の「0」が、運転免許証を再発行した回数を表しています。

「0」の場合は、まだ、運転免許証を再発行した事が無いことを表します。
運転免許証を紛失したり、盗難にあったりして、運転免許証を再発行してもらうとこの数字が1増えていきます。

最後の1桁は運転免許証を再発行した回数

これは、自分の運転免許証ですが、番号の最後の1桁が「1」になっているので、運転免許証の再発行を1回してもらった事になります。
このように、この数字を見るとその運転免許証が何回再発行されているか分かり、持ち主が…。

ちなみに、運転免許証が汚れたり破損した場合の再発行時に、元の運転免許証の内容が確認出来た場合には、この番号は変わらないです。

 

まとめ

運転免許証の番号の部分には、12桁の数字が書かれています。
この12桁の番号には意味があり、この番号によって分かる事があります。

  • 最初の2桁は、初めて免許証の交付を受けた都道府県の公安委員会のコード
  • 3・4桁目は、初めて運転免許証の交付を受けた西暦(下2桁)
  • 5桁目から10桁目は、各都道府県の公安委員会で管理するための番号
  • 11桁目は、記載してある番号(数列)が正しいかのチェックディジット
  • 最後の1桁は、運転免許証を再発行した回数

運転免許証の最後の1桁を見ると、持ち主のおっちょこちょい度が分かるかも!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました