ホンダ「ヴェゼル」のスマートキーの電池交換!自分で簡単に出来る

ホンダ「ヴェゼル」のスマートキーの電池交換!自分で簡単に出来る メンテナンス
この記事は約3分で読めます。

ホンダ旧型ヴェゼルのエンジンを書けたら、「ピーピーピー」という警告音と共にインフォメーションウィンドウに、「キー電池残量低下」のメッセージが表示されました。

頻繁に出るメッセージでは無いですが、表示されている内容から車の「スマートキー」の電池が切れかけていることが分かりますね。

ではそのホンダ旧型ヴェゼルのスマートキーの電池交換は、自分で簡単に出来るのか?

結論から言うと、自分で簡単にホンダ旧ヴェゼルのスマートキーの電池交換は出来ます。

スポンサーリンク

ホンダ旧型ヴェゼルのスマートキーの電池残量低下表示

ホンダ旧型ヴェゼルのスマートキーの電池残量低下表示

スマートキーの電池残量が低下すると、旧型ヴェゼルのインフォメーションウィンドウに「キー電池残量低下」のメッセージが表示されます。

このメッセージが表示されたら、即座にスマートキーの電池交換が必要ではありませんが、ギリギリまで使うメリットの方が少ないので、出来るだけ早くスマートキーの電池交換をした方がいいでしょう。

スマートキーの電池切れではありませんが、以前キーレスの電池交換を怠って痛い出費をした事があります。

ホンダ旧型ヴェゼルのスマートキーに使われている電池はCR2032

ホンダ旧型ヴェゼルのスマートキーに使われている電池は、コイン電池のCR2032です。

コンビニやホームセンターでも簡単に入手できます。

注意するとしたら、100均などの粗悪なコイン電池を使用しないことです。電池容量が不安定だったりするので、スマートキーの電池交換後4ヶ月程度でまた電池切れをしたという話も聞いたりします。

ホンダ旧型ヴェゼルのスマートキーの電池交換方法

ホンダ旧型ヴェゼルのスマートキー電池交換手順
▲画像引用:ホンダ取扱説明書閲覧サービス

それでは、ホンダ旧型ヴェゼルのスマートキーの電池交換方法について、実際の写真を交えて説明していきます。

スマートキーの内蔵キーを抜く

ホンダ旧型ヴェゼルのスマートキーの内蔵キーを抜く

ホンダ旧型ヴェゼルのスマートキーには、キーが内臓されています。

そこで、まずその内蔵キーを抜きます。

写真のスマートキーのロックスイッチ①を矢印の方向へ押しながら、②の内蔵キーを抜くと外すことが出来ます。

硬貨等を使ってスマートキーのカバーを外す

 硬貨等を使ってカバーを外す

後は、硬貨等を使ってカバーを外すのですが、写真の赤枠左に見える銀色の物が気になるのでは。

これは、外したり出来ないのでまったく気にする必要はありません。

赤枠の部分に硬貨を入れて、ひねるようにすると、カバーが上下に外れます。

スマートキーのカバーを外す

硬貨等を使ってカバーを外すさいには、硬貨を布等で覆うとカバーにキズが入るのを防げます。

電池残量の低下したボタン電池(CR2032)を交換

電池残量の低下したボタン電池(CR2032)を交換

ボタン電池を抑えているツメが気になりますが、そのまま上方向に引き抜けば問題なく外れます。

後は新品のボタン電池(CR2032)を、同じ場所にはめ込めばいいだけです。

新しいボタン電池をセットすると、一瞬赤いランプが点灯します。

スマートキーカバーをはめて電池交換は完了

スマートキーカバーをはめて電池交換は完了

後は逆の手順でスマートキーカバーをはめれば、電池交換作業は完了です。

スマートキーカバーをはめ込むさいに、内側に水等が内部に入り込まないよう、ゴムパッキンが埋め込まれています。

そのゴムパッキンを間違って、一緒に挟み込まないように注意が必要。

まとめ:ホンダヴェゼルのスマートキー電池交換は自分で簡単に出来る

ホンダ旧型ヴェゼルのエンジンを書けたら、「ピーピーピー」という警告音と共にインフォメーションウィンドウに、「キー電池残量低下」のメッセージが表示されたら、スマートキーの電池交換の合図です。

使われているコイン電池は「CR2032」で入手もしやすいので、自分で簡単に電池交換出来ますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました